ケアマネとPC環境とIoT環境

ケアマネ事務所のパソコン環境を考える

Windows11が発表され、LIFEへの対応やAIケアプランなど、この先どうなっていくのかと不安になるばかりですね。

みなさんの職場ではPC環境はどうなってますでしょうか?

5G通信やIoTなど、さまざまなネットワークインフラが整備されてきており、知り合いの事業所もインターネット接続環境やメール、zoomができる一歩進んだ事業所から、メールはおろかインターネット請求も未対応という事業所もありさまざまです。

これだけ、IoT化が進み情報社会となり、行政からの文書もメールで届くようになってきているのに、介護保険制度では「IoT設備はこれを、IoTの基準はこれです」と言った基準があるといいのですが・・たとえば、インターネットブラウザは○○を推奨、メーラーは○○を推奨、officeソフトは○○を使いましょうみたいな感じでどうでしょうかね?

全部基本無料のアプリやらソフトだと費用もかからず標準化ができていいのですが。
これから動き始めるデジタル庁の仕事なのでしょうか?

とは言うものの、職場のPC環境がケアプランやその他文書の生産性にかかわってくることは間違いありません。新しければ新しいだけ良い環境なんだと思います。今時パソコン1台に専用プリンタ1台をつなげている事務所も少なく、PC3台でプリンタ1台とかが標準でしょうね。

現時点でのPC環境

現時点でこうなっていたら良いなぁという環境を私なり考えてみたいと思います。

パソコン(できればノートパソコン)

 Windows8以上。できればWindows10。またはMac。

 起動までの時間は1分半以内を目安に。3分を超えると古いかアプリの入れすぎかデータがいっぱいか・・・

※ Windows8とかWindows10で動いているなら大丈夫だと思います。ときどきメンテナンスや不要なアプリケーションの削除、データ領域の確保を実施しましょう。
※ 当面はWindows11のことは考えなくて平気です。買い替えるならWindows11に対応できるようなパソコンを買うのが良いと思います。

プリンター

 レーザープリンタまたはインクジェット機で、ネットワーク対応PCやタブレット3台~5台にプリンタ1台接続といったところでしょうか?最近のプリンターはコピー機能やスキャナ機能もあるので、事務所にコピー機がない場合やコピー機まで遠い場合は、コピー機能付きのプリンターをお勧めします。便利です2万円くらい。
※ 不都合なく印刷されればなんでも良いと思います。(両面印刷できるものがコスト削減になり良いですね)

インターネット環境

 光回線によるインターネット環境あり(法人内のどれかのパソコンがインターネットにつながれば大丈夫でしょう。必要に応じて、そのパソコンでダウンロードを行う)
※ 法人で1回線光回線を引き、施設内をハブやルーターで分岐させる方法が良いですね。

メール

当面は各事業所用(各事業所単位)のメールアドレスが有れば良いと考えます。
理想は各スタッフにメールアドレスを配れる環境。緊急災害時や行方不明者の捜索のためにも自宅や自分のスマホでもメール確認できるよう設定。必要な研修資料やFAXの通知などもメールで各自に送信できる体制が望ましいです。。

FAX

受信データを画像ファイルとしてメールしてくれるFAXが理想です(当事業所でも活用しています。とても便利、トナーフィルムを買ったことが無いです)。
管理者にメール配信されるのが理想。管理者は必要に応じて各スタッフへ転送や印刷し回覧を行う。
※ メールのほうが圧倒的に便利であるため、この先FAXの役割は減っていくでしょう。

介護保険のシステム

できればクラウド型のシステムで外出先からも情報確認できるものが良いですね。クラウド型であればバージョンアップや報酬改定時の対応も現地作業(事務所でのバージョンアップ)を必要とせず実施可能です。さらにはインターネットブラウザ等(パソコンのブラウザとスマホのブラウザ)からアクセスし情報確認できるシステムが望ましいです。パソコンや場所やWindowsなどを意識せずに介護保険のシステムを使えるようになります。
※ 災害時にもクラウド対応のモノはデータが保持されるので安心です。
※ LIFEやAIケアプランなどの活用もクラウド型のほうが有利であると考えます。

パソコンにインストールされているアプリ、officeなど

Googleの提供するスプレッドシート(利用無料)やドキュメント(利用無料)で業務を進める形が望ましいです。マイクロソフトのofficeシリーズは高性能ですがなんといっても高額で、通常業務ではそこまでの高性能はまったく必要ないと思います。excelもマクロ程度であればスプレッドシートで十分対応できます。これは個人が対応すると言うよりは行政や社会全体がそうなっていくべきモノと考えますが、マイクロソフトofficeを使わないといけない理由が行政側や制度側にあるのだと思います。(いまだに方眼紙エクセルの提出文書が多いです)
またzoom(利用無料)やgooglemeeting(利用無料)なども活用でき、オンライン研修やリモート会議などに対応できること。
※ パソコンが変わっても、どのパソコンでも、スタッフがログインすることで使用感や違和感なく操作できることが理想ですし、そういう時代がそこまで来ていますね。

emi
emi

新しいパソコンが欲しいニャ

boss
boss

稼げニャ

コメント

  1. […] ケアマネとPC環境とIoT環境今どきのケアマネ事務所環境についてcm-h… ケアマネとWindows11Windows11になったら、何か影響があるのかしら?cm-help.com2021.09.01 […]

タイトルとURLをコピーしました