ケアマネと副業と

今回はたくさんのケアマネさんが活躍している?(ように見える)副業についてです。法改正で副業を勧める世の中になり、自分でもいくらかでも空いた時間に仕事をしたいってかた多いのではないでしょうか?
自分もPCのスキルやwebのスキルは多少自信もあるので・・・それらを使っていろいろ副業で稼ごうとするのですが、考えるばかりで先に進まず、なかなか田舎のほうでは恩恵にあずかれませんし、現在は人と会うことも制限される世の中です。

そこでインターネットを使います。調べてみたところ副業サイトも多数あり、どこも登録無料です。やってみようではありませんか。
国内の大手のクラウドソーシング副業サイトと言うと、クラウドワークスやランサーズ、ココナラと言ったところが有名だそうです。

クラウドワークスとランサーズ

クラウドワークスとランサーズは、仕事を発注する人がいて「こんな仕事を引き受けてもらえませんか~?」という内容(案件)がたくさん(7,000件以上)あり、そこから選んで仕事をしていくような感じです。ジャンルも様々。最初はどんな仕事が自分にできるのか?見て、考えるだけでも大変です。

ココナラ

お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら

ココナラはクラウドワークスやランサーズのような募集もありますが、「自分のスキルやできることで商品を作って売る。」と言ったイメージが強いです。

相談や占いを1回○○○円でやりますとか、
介護の相談を10分間○○○円で引き受けますとか、
webページ作成を10,000円でやりますとか、

ココナラの商品紹介

仕事をしたい人が自分を売り込んで、仕事を頼みたい人に探してもらうという感じです。結構、相談員さんやケアマネさんや社会福祉士さん管理栄養士さんたちがスキルを売っていますね。関心します。

仕事の種類のいろいろ

仕事の種類も、コンペ型・固定報酬型・時間報酬型・タスク型などさまざまな種類があります。

  1. コンペは作品(店名や絵・ロゴ)などを応募して、依頼主に選んでもらうカタチ(何名か応募して規定数のみ採用される、採用されなかった場合は無報酬
  2. 固定報酬は○○○の作業を○枚やってもらえたら、○○○円の報酬を支払いますというカタチ
  3. 時間報酬は○○時~○○時まで、○○の業務をしていただいて○○○円の報酬は払いますというカタチ
  4. タスクはアンケートやカンタンな仕事で、仕事を受けてアンケートを書いて提出して終わりというカタチ

タスクが一番仕事を受けやすく、すぐ終わりますが報酬は安めです。結構さまざまな職種やジャンルがあり、介護福祉の専門職向けのお仕事もあります。慣れてきて実績ができると、直接仕事の依頼がくるようになるそうです。

クラウドワークスに挑戦!

5月末にクラウドワークスに登録し、無理の無い範囲でひと月活動してみました。

タスクに1件、コンペに1件応募、1件は介護保険関係の文例入力のお仕事でした。在宅ワークというとzoomでリモート会議・面談とか考えていましたが、面倒なやり取りもなくクラウドワークス上のメッセージ機能だけでスムーズに完了しました。
初挑戦にしてはなかなか・・・・ちょっとおいしいものを食べられそうです。(¥4,300くらい)

感想

相手の顔が見えないので、どういう人相の人がどういった表情でどういう風にするために、仕事を依頼されているのかわからないので、最初は不安ですが応募が多い案件や1度クリアした案件はだんだん要領がつかめてやり易くなります。
登録はメールアドレスがあればできますし、イヤな仕事や興味のないものは素通りして平気です。興味を持って「気になる」ボタンを押したからと言って、仕事をしなければならないわけではありません。とにかくすごい数の色々な案件が出ており、中にはビックリするもの(雑誌の記事をここで募集するの!?とか)もあり、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。
また、ご利用者宅を訪問時に同世代のご家族がいると、自宅で介護をしながらできる副業のことに興味を持たれるかたが多いです。話も広がりますしとにかく勉強になります。

登録も無料ですし、是非一度覗いてみてください

メールアドレスさえ有れば、登録可能です。仕事をする側、仕事を出す側、どちらでもokです。

タスク型もやってみました

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました